※当ブログの詳細情報はこちらからお先にどうぞ(礼)
http://ginganovel.blog.jp/archives/29360308.html

当ブログをご覧のみなさま、こんばんわ(礼)
管理人その2こと藍沢です。

本日は朝は冷え込んだ岩手県。
岩手山はすでに少し雪が降ったみたいで、本日の新聞にそのことが載っていました。

さて、今回は今宵に発表になる、ノーベル文学賞の話。

毎年のごとく、村上春樹さんの受賞の有無が話題になるこのイベント。
しかし、昨年はアカデミーの不祥事により、結果が発表されませんでした。

再出発の意味も込めて、今年はふたりの受賞者がでるとされています。
村上春樹さんはもはやいうまでもなく候補に挙がっていますが、他にも有力な日本人候補がいるとか。

現在はドイツ在住の小説家・詩人である、多和田葉子さんも上位候補に名を連ねているみたいです。
書評家の大森望さんの予想では、今年は女性が選ばれるのではないかといわれていて、気になります。

どうなるのか非常にワクワクしている藍沢でした。